秋から冬にかけて乾燥肌に悩む人が非常に増えます。これは角質のバリア機能がうまく働いていないために起...

乾燥しやすい季節にはセラミド配合の化粧水

秋から冬にかけて乾燥肌に悩む人が非常に増えます。これは角質のバリア機能がうまく働いていないために起こる症状です。角質細胞の間がスカスカになり、肌水分はどんどん蒸発します。さらに、紫外線をはじめとする外部刺激がどんどん肌の内部入り込みます。その結果、シミやしわ、たるみの原因になってしまいます。



バリア機能を改善して肌水分を保持するために必要な成分が「セラミド」です。セラミドは角質細胞間脂質とも呼ばれ、水分を挟み込んで角質細胞の間を埋める働きをします。角質細胞同士をしっかりと結びつけて肌水分の蒸発を防止します。さらにバリア機能を改善して紫外線、花粉、ホコリ、ダニなどの外部刺激から肌を守ります。

冬になると空気中の水分は夏の5分の1になります。また寒さで皮膚の血管が収縮し、代謝も悪くなります。代謝が悪くなると皮脂の減少、ターンオーバーの遅れなどを引き起こし、バリア機能が乱れてしまいます。さらに、セラミドは年齢と共に減少してきます。セラミド配合の化粧水を使用し、角質間を埋めることで肌水分を保持することが、肌トラブル防止につながります。化粧水の後にセラミドクリームを使用することでより、強力に水分を保持します。クリームには油分があるので肌表面にしっかり蓋をする役割があります。