保湿成分「セラミド」は乾燥肌対策、敏感肌、アトピー肌に最もおすすめの成分です。セラミドを配合した化粧水を中心に、乾燥対策なども解説します。

乾燥しやすい季節にはセラミド配合の化粧水

秋から冬にかけて乾燥肌に悩む人が非常に増えます。これは角質のバリア機能がうまく働いていないために起こる症状です。角質細胞の間がスカスカになり、肌水分はどんどん蒸発します。さらに、紫外線をはじめとする外部刺激がどんどん肌の内部入り込みます。その結果、シミやしわ、たるみの原因になってしまいます。



バリア機能を改善して肌水分を保持するために必要な成分が「セラミド」です。セラミドは角質細胞間脂質とも呼ばれ、水分を挟み込んで角質細胞の間を埋める働きをします。角質細胞同士をしっかりと結びつけて肌水分の蒸発を防止します。さらにバリア機能を改善して紫外線、花粉、ホコリ、ダニなどの外部刺激から肌を守ります。

冬になると空気中の水分は夏の5分の1になります。また寒さで皮膚の血管が収縮し、代謝も悪くなります。代謝が悪くなると皮脂の減少、ターンオーバーの遅れなどを引き起こし、バリア機能が乱れてしまいます。さらに、セラミドは年齢と共に減少してきます。セラミド配合の化粧水を使用し、角質間を埋めることで肌水分を保持することが、肌トラブル防止につながります。化粧水の後にセラミドクリームを使用することでより、強力に水分を保持します。クリームには油分があるので肌表面にしっかり蓋をする役割があります。

アトピーにもセラミド化粧水がおすすめ

最近では大人でもアトピーになる人が増えているようです。ストレスや食品添加物などが原因だと考えられています。アトピー治療は皮膚科でステロイドや白色ワセリンを塗るのがほとんどです。ただアトピー肌はセラミドが不足している事がわかっています。表面が乾燥して炎症やカユミが発生するアトピー肌にセラミド化粧水を使用することで肌に潤いを補給するのが有効です。



セラミドは角層の細胞間の脂質となります。角質細胞をくっつける働きをすることで、肌水分を保持して乾燥を防止します。肌にうるおいを保ち、バリア機能を整えることで炎症やカユミの発生を抑えます。バリア機能がしっかりしているとダニ、紫外線、アレルゲンなどの侵入を防止します。セラミドにはいくつか種類があります。おすすめは「ヒト型セラミド」です。セラミドにはヒト型セラミド以外に合成セラミド、合成擬似セラミドがあります。ヒト型セラミドは肌にあるセラミドと全く同じ形だから保水力が約3倍あります。

おすすめのセラミド化粧水 BEST3

アヤナス
角質の水分を保持するヒト型ナノセラミドを配合。ナノサイズだから角質の奥までしっかり浸透。角質の間をしっかり埋めて水分の蒸発を防止します。炎症を防止するコウキエキス、コラーゲンの生成をサポートするCVアルギネート配合。
価格:1,680円 送料無料
つつむ
ヒト型ナノセラミドを配合。角質間脂質となり、角質細胞をくっつける働きをします。バリア機能が正常化してしっかり保湿します。さらにアミノ酸が細胞に潤いを補給します。
価格:1,470円 送料無料
ヒフミド
角質間細胞をしっかり結びつけるヒト型セラミドを配合し、肌水分の蒸発を防止します。角質バリアが健全になり、紫外線などの外部刺激から皮膚を守ります。
価格:980円 送料無料

食事から取るセラミド

セラミドといえば化粧水、美容液、クリームに配合され、 肌水分を逃さないために欠かせない成分です。



角質細胞どうしを結びつける接着剤のような役割をはたし、肌のバリア機能を改善します。 ただセラミド(角質細胞間脂質)は年齢と共に減少してきます。 そんなセラミドを補給する方法ですが、 化粧品からだけでなく、食品から取る方法もあります。

セラミドを補給する食材としておすすめなのがこんにゃく芋です。こんにゃく芋のセラミドはお米の7倍以上と言われ、他の食品と比べて非常に多く含まれています。 こんにゃく芋には食物繊維も多く、さらに低カロリー。ダイエット食としても人気があります。 普通のコンニャクではなく、生芋こんにゃくにセラミドは多く含まれています。



その他には小麦、大豆、ほうれん草、お込め、ヨーグルトなどにもセラミドは配合されています。化粧品ほどの即効性はありませんが、体の中からもセラミドを補給して、体の内側からも潤いを補給することが乾燥肌には大切です。

玄米にもセラミドは配合されています。糖質が気になる方におすすめです。最近では女性を中心にマクロビが流行っています。自然食にこだわり、野菜や穀物中心の食事を摂る健康法です。有機野菜にこだわり、肌にも非常にいい食事法です。玄米は普通の白米よりもGI値が低く、ビタミンや食物繊維も豊富です。乾燥肌対策、セラミド補給にも非常に最適です。